続 色即是空的こころ・・➍

もし我々がこの難局を乗りこえて、ご案内の愛・慈悲のエネルギーで満たされた科学の黄金文明に入っていくならば、はたして我々はどういった社会を作っていくのだろうか・・そのビジョンとは?・・。

それについては、エロヒムの社会づくりのあり様をご覧になれば、これも大いに参考になるのではないでしょうか。例えば、いま一番問題になっている地球上での暴力行為や戦争といった争いごとに関する問題ですよね。

こういった問題をすでに解決している彼らの社会を観てみると、地球では無秩序に使っている闘争心・攻撃心・暴力・・といった嫌われ者に対しても、その活用方法がとてもうまく出来ていると思うんですね。

例えば、エロヒムの社会ではヒトの闘争心を満たす危険なスポーツが十分に発達しているわけです。エロヒムのように、文明社会が究極にまで洗練されていくと、その文明が衰亡しないようにバランスをとる必要がある・・

そのためにその正反対にある野蛮なモノ、原始的・本能的なモノを持たなければならなくなるみたいですね。そこで、人間の攻撃心・闘争心・暴力を大いに満たしてやるといったわけなんですよ。

他人の生命を尊重するのはもちろんなんですが、彼らは「限定された特殊な範囲内」での死の願望や死の戯れも尊重されてしかるべきだとも云うわけです。

心理学的に見るならば、一試合に何人も死人が出るといった競技で、若者たちが自分の命を危険にさらすことが出来るという事が、彼らの闘争本能ごときモノを解消させているわけです。ちなみに、もしその競技で自分が死ぬことがあっても、蘇生させない云々・・といった誓約書もあるらしいですね。

つまり、そういった命がけの危険なスポーツや競技は闘争心が強い人たちの遺伝子レベルでの欲求を満たしてあげるので、そんなことを望まない人たちを危険な方向へ追いやることが無くなるわけですね。それらのスポーツが安全弁になるということです。

また、それを見物するだけの人にとっても、自分たちの攻撃的なエネルギーを発散することができるだろうし、それを娯楽にまで昇華していけるわけですからね、一般社会の中で戦争や暴力が起こりようが無い・・すべてが、これで丸くおさまる(笑)・・といったアンバイですよね。

こういったように、エロヒムの社会のシステムというのは、人間のあらゆる願望・幸福を満たそうとする、至れり尽くせりの究極の社会なわけです。

そこで、もしも人間が夫々に幸福に生きていこう・・というのであれば、個々のエゴ・エネルギーであっても一つの個性として尊重し、それを上手に表現させるためのシステムを作っていくようにしていく・・これは大いにエロヒムから我々は学ぶ処があると思いますね。

愛・慈悲のエネルギーを使って、社会という大きな母胎をいったん作ってしまうと、そこに宿る子供たちの持つ闘争本能やエゴ・エネルギー、わがままな欲求と思われるモノに対しても、その大きな包容力でもって限りなく包み込むことができてしまうモノなんですね。

そもそも、エゴ・エネルギーに関するモノは免疫システムに代表されるように、遺伝子レベルでは自己保存のため、人間が生存していくために必要とされるエネルギーとして使われるモノですからね。

そういった生きるために使うエネルギーは日常の中で、やる気とか創造力を発揮するといった処にも関わりを持つと云われるわけですしね。彼らはエネルギーじたいは元々善いとか悪いとかといったモノではなく、知恵をもって使うのか無秩序に使うのか・・使い方しだいなんですよ・・と教えてくれているわけです。

そこで繰り返しになりますが、我々もその立場に立って地球の将来のことを考えると、ご案内のように科学技術と愛・慈悲のエネルギーのバランスがどうしても必要になってくるわけですからね。

エロヒムを見習って「愛・慈悲のエネルギーを使う」、我々の遺伝子・DNAに代々受け継がれてきた「認める・受け入れる・許す・理解する・・」そういった心のプログラムを大いに使っていく・・まずはそういったビジョンが一番のポイントではないかと思うわけですね。 つづく

ここで一句

やすらぎは 慈悲という名の 母胎から