月別アーカイブ: 2014年4月

又 ❝苦❞のお話

無限のあり方や性格からそのエッセンスを借りてきて、それらを人間が幸福に生きるための知恵として使う。そして、この知恵の働きよって限りなく“苦”が無くなっていく。この知恵のことを「空の知恵」というわけです。

ご案内のように、この知恵といったモノは「自由・平等・無所有・遊び・ユーモア・ポジティブシンク・客観性・・etc・・」といったように、まぁ他にも 続きを読む 又 ❝苦❞のお話

又々 ❝空・くう❞のお話

ご案内の『般若心経』のなかで、仏陀は“空くう・無限”についてこのように説いているんですね。「空・くうにおいては、生まれるということも滅するということも無い。

増えることも減ることも無い。汚いものでもなく清らかということもない。体も無く、心の機能も無きゆえに、感覚から意識まで無い。 続きを読む 又々 ❝空・くう❞のお話

又 ❝空・くう❞のお話

仏陀は当時の人々には理解できない事柄や、云うべきではない物事に対しての質問には明言しなかったと、これを「無記」というわけです。

なぜ無記なのかといいますと、後の時代になって仏陀が予見したといわれるマイトレーヤが現われて、無記になってポッカリと穴の空いている部分を埋めてくれるような答えを教えそれを世間に広めるという、そういったエロヒムのシナリオがあるわけです。 続きを読む 又 ❝空・くう❞のお話

続 ❝空・くう❞のお話

 例えば『宇宙は無限なのか、終わりがあるのか。時間には始まりがあるのか。霊魂と肉体とは同じものなのか。死後はどうなのか・・etc・・ 』
こういった問いは昔からあって、仏陀はそのたぐいの質問には明言しなかったというんですね。

それを「無記」というわけです。 続きを読む 続 ❝空・くう❞のお話

“空・くう”のお話

ご案内のように“ヘビ”たちは自分達が創った人間たちを我が子のように愛し、ゆくゆくは彼らの持っている高度な「知恵」を伝授しようと思ったのでしょうね。『メッセージ』にもありますが、人間に科学知識を教え、将来は彼らのような科学者にしたかったと言っていますからね。 続きを読む “空・くう”のお話