続 色即是空的こころ⓫

・・PONさんへ、『無限意識』のあれこれについて・・
『般若心経』の一節に「不生不滅・・是故空中・・乃至無意識界・・」といったフレーズがあるんですね。

これは「・・空(くう)、つまり無限は生きているとか死んでいるという存在ではない。それゆえ、意識があるとか無いとかというものではないのである・・」ということです。

まぁ何度もご案内のように、無限というのは生も死も意識も、在るとか無いとか・・そういった存在ではないので、あなたが幸福に生きようが滅亡しようが全く関心がないわけですよ。

ですから、無限にとっては意識とか愛なんてものはどうでもいいわけです。もちろん、どんなに待っていてもあなたに無限からのアプローチはありません・・こちらから無限へアプローチするだけ・・。

このような無限を、無限の一部であるヒトの人格のようなモノに見立てるならば、無限というのは何て薄情で愚かなモノなんだろうと思いますが、あいにく無限は人間というわけではないですからね・・ややこしいですね(笑)。

これが、無限といった存在の‟ありのまま”の姿なんですね。どうでしょうか・・あなたはこんな無限を愛せますか?

しかし、そんな不可解で得体の知れない存在に対して果敢にアプローチした人々もいたのでしょうね。無限行き乗り放題「片道切符」を買って、終着駅の無い線路に乗って(笑)・・飽くなき探求と果てしない放浪をしたあげく・・

ついには、めでたく無限に出会い、自分と無限とは一つ・・‟わたし”とは無限そのものなんだと悟った、メデタシ・メデタシ・・と、そういった当初からの想いを成就させた先人たちが、この無限の時空の中にいたのでしょうね。

まぁそのおかげで、いま我々は彼らが知り得た限りの無限の姿をエロヒムから教えてもらい、無限と我々との深い関係も知ったわけです。

つまり、人間は無限から創られ、無限の中で生き、無限に還っていくということ。云わば無限が親であるならば、我々はその無限の一部・分身・子供みたいなモノ・・いや、無限そのもの空なんだということですね。

そういった摩訶不思議な無限の在り方・性格もふくめた宇宙の真実をエロヒムから教わり、そのエロヒムも親エロヒムから教わり、更にまた・・∞・・といったぐあいに、無限の系譜のなかで空の伝承がなされてきたわけです。

そして、その果てなき伝承のなかで先人たちは、無限から借りてきた哲学や知恵の恩恵を受けながら、歴代の預言者を通して我々に伝えられたそれらの知恵は、人々がより幸福に生きるために今も大いに使われているわけです。

それはイエスの云う「無償の愛」の実践、あるいは仏陀の説く「無我・無常」を瞑想の中で実感する・・さらに三輪空寂といった「空の知恵」などでご案内です。そして、この知恵というのは、エロヒムが時代の預言者を通して教えてくれた瞑想といったシステムのなかで

①無限の哲学②愛・慈悲のエネルギー③意識、この三つ巴の訓練によって身に付くということでした。これについては「観照の作法」として、ご案内のとおりです(アーカイブ『観照』・『八正道』などを参照)。

さらに、この観照の作法というのは近年、エロヒムから渡された無限を実感することに特化したシステム『官能瞑想』を実践することで完成することになるわけです。そして、無限を深く理解することになる・・

その結果、我々はその無限の中に居てその中に居るすべての存在は、切れ目なく同じモノで無限とつながっているのを瞑想の中で、あるいは日常の中で‟実感”として知ることになる。

つまり、無限にとってはどうでもイイような(笑)我々の意識は、我々の生命を支えている『無限との交換』によって使われるエネルギー・・宇宙に遍在するすべての「意識と愛・慈悲のエネルギー」と同じモノでつながっているということ・・

我々はエロヒムと一緒の、無限とつながった意識と愛・慈悲そういった無限宇宙の共通した普遍的な・・云わば『無限意識』とでも言いますか・・それを理解するわけですよ。つまり、私に最も近い隣人である“わたし”への愛も、他人や他の生命に対する愛も、無限意識においては一緒だということを悟るわけですよ。

そういったわけで、我々は無限から一番離れている‟わたし”の周辺しか見ることが出来ない、利己的なエゴ目線ではなく、その無限からの視点・・例えば「慈悲喜捨」で言う処の執着から離れた‟捨・しゃ”のような気持ちで物事を観る大切さを知る。・・そういった限りなくエロヒムに近い・・遠くから我々を見守るというか、まぁ観守るといった方がイイですかね・・

そして、エロヒムと同じ無限意識によって世界を観る大切さと共に、彼らと同じ意識で居ることで、彼らとつながっている幸福を我々は味わうことにもなると思うんですね・・。

・・追記・・エゴが無い目線といえば、こないだテレビの中で元宇宙飛行士が宇宙で体験した感想を話していたんですね。それによると「宇宙から地球を見ていると、ヒトが色んな規則に縛られていることがよく解かった・・」と言うわけです。

つまり「それは、ヒトを地球の地面に押さえつけている重力のせいじゃないかと・・その重力が意識さえも地球の地面に押さえつけているんではないかと・・ふっと思った・・」と。そういった宇宙の無重力での興味深い体験を語っていたんですね。

まぁ、確かに彼にしてみれば地球の重力から影響を受けない、しかも‟わたし”からは最も遠くにある場所・・限りなく無限に近い暗闇の空間に放り出されたわけですからね。

思うに、そういった無重力の場所に自分が置かれて・・何かとてつもない得体の知れない‟永遠なるモノ”を感じ、そこで自分の意識にガツンと強いインパクトがあったんではないでしょうか。

そこで思わず、ブラックホールに飲み込まれた小舟のように消えてしまった‟わたし”・・地球に居た時には「私は・・俺は・・」と言って、いつも自己主張していたそんな私の居場所すら無い・・ 言い知れぬ喪失感と共に奇妙な爽快感を味わいながらも、自分は何てちっぽけで存在なんだと思い知らされた・・そんな気がしますよね。

まぁ一瞬、今まで見ていた目線では無いそこから遠く離れた、云わば無限大からの・・意識の特異点から物事が見えた・・‟無”・・だと。そこで我に返ってみると、地上での地球人が起こす色んな争いごとや自分の抱えていた悩みなんかはあまりにも些細な事に思えた・・ついでに、心中にあった様々な‟しがらみ”なんかも泡のように無 くなってしまう・・といったアンバイですかね。

たしかに、宇宙飛行士が宇宙で感動的な体験をして地球に戻ったあとに、それまでの生き方や価値観がコロッと変わって、宗教の道に入って慈善活動に励んだり、冥想家になって山に引きこもったといった話も聞きますものね。

実際我々でも、たまに高い山のてっぺんに登って、広い水平線に真っ赤な太陽が沈んでいくのを眺めたりした時・・。あるいは散歩の途中、道の端っこにポツンと咲く名前も知らない小さな花に出会った瞬間・・

何か時間が止まった空間に溶け込んでしまったような不思議な一体感を感じて、しばらく‟思考停止”・・そして後で気が付けば、モヤっとしていたモノが吹っ切れてどこかに飛んで行った・・etc・・

そんな経験が一度や二度あるんではないでしょうか。まぁ、その時も余計な思考が止まり‟我を忘れた”おかげで、日常ではあまり出番がない「無限意識のカメラ」が自然に動いたのかもしれないですよね。

そういったわけで、我々も日常で様々な地球規模の問題にも直面したり、個人的な問題に対して色々と考えたり悩んだりした時には、どうでしょうか?今度は客観的スイッチを入れて・・無限意識からの目線にピントを合わせて、世の中を観てみるのもイイのではないでしょうか・・

あえて大気圏外に行かなくても、地球の重力なんかでは全く影響を受けないカメラをズームイン&アウトをしながら・・世間の‟しがらみ”あるいは日頃のモヤモヤに対処していければ、まぁ少しは気持ちも楽になるのではないかと(笑)・・・そんな思いにふける今日この頃であります。

ここで一句

エゴも苦も 無限意識で 成仏し

{8月6日:エロヒムの記念日に寄せて}